一心寺と「ちとせ」と「よしもと」は浪速の魂です。

 


久しぶりに大阪に来ました。

先ずは、

天王寺の一心寺にお墓参り。

 

大きな塑像が飾られた門を入ると、

正面すぐに観音様が佇んでいます。

美しい仏様で大好きです。

 

f:id:MadamKoki:20220408115800j:image

 

 

 

骨仏様が安置されてる御堂前で、

お線香と蝋燭を購入し、

戒名を書いて供えます。

 

祖父母は、旧堂に、

母は、新堂の仏様になっています。

 

本堂に戻って、大きな金色の仏様に

今年の安寧をお願いして、

今回のメイン行事は終了。

 

f:id:MadamKoki:20220408115922j:image

 


一心寺は大阪の天王寺に在り、

骨仏様のお寺として有名です。

 

お墓を持たない人達が、

ここ一心寺に納骨して、

そのお骨を何年分も集めて、骨仏様を作って

お祀りされているのです。

 

祖父母、母、叔母がここに納骨されていて、

すでに2体の仏様になっています。

 

何十年にも渡って作られた十体の仏像に、

沢山の身内の人達が

お参りするので、いつも人がいっぱいで、

お線香が絶える事がありません。

 

個別に墓守をしなくても良いし、

常にお花で美しく飾られているので、

決して寂しく無い環境は

願っても無い墓地です。

 

でも、墓終い問題が話題になって、

次世代の墓守負担を無くす傾向も

多くなっている昨今、

納骨する人が増えたのか、

今は受付して無いそうです。

 

庶民に寄り添い、

現代的センスを先取りした、

浪速人の、合理性と

規制の枠に囚われない先見性の

典型の様な

一心寺のシステムには感心させられます。

 


一心寺が在る

茶臼山から天王寺公園一帯は、

徳川家康豊臣秀頼が戦った

大阪の陣で

豊臣方の真田幸村達が陣を張った所です。

 

 

f:id:MadamKoki:20220408120521j:image

 

 

幸村の必死の防御にも関わらず、

徳川勢に負けて、

大阪城は燃え落ちてしまい、

以来、全てが江戸中心に変わりました。

 


一心寺から坂を下ると、通天閣前の

恵比寿町駅ですが、

久しぶりなので、

少し遠いけど歩いて

千日前にある「ちとせ」で肉うどんを

食べることにしました。

 


堺筋日本橋から道具屋筋に入って、

なんばグランド花月の裏手まで来ると、

有名な

「ちとせ」があります。

 

小さな店だけど、

大阪では珍しく

いつも外に行列が出来ています。


売れない芸人がうどん代を、

お金が無くて出世払いにしてもらい、

後に、売れた時にお礼として、

お店をネタにして宣伝した事から、

有名になったと言われるお店です。

 

今は、グランド花月の中にも出店していて

こちらもいつも行列で大盛況です。

 

「情けは人のためならず」

(この諺も、人のためにならない、と誤訳される事も有るそうですが)

庶民が支え合う

浪速人情の典型みたいな話です。

 

「ちとせ」では、
肉吸い (肉うどんのうどん抜き)と、

卵かけご飯を注文する人が多いですが、

私は、肉うどん派です。

 

 

f:id:MadamKoki:20220122214224j:image

 


少し甘く炊いてある牛肉がたっぷり入っていて、

薄味のお汁と共に食べる時、

大阪人で良かったと思うのです。

 

うどんを食べて、

千日前道具屋筋を抜けると、

そこは浪速のメイン通り、

 

「なんはグランド花月」 の前。

 

f:id:MadamKoki:20220123132328j:image

 

吉本も今や全国区、中心も東京に移って

大阪はサブ的な立ち位置になったのは

時の流れで仕方ない事なのかもしれません。

 

でも、東京には決して行かず、

洗練されず、

浪速の反骨精神に

裏付けられた漫才師や芸人の、

どぎついギャグやコテコテの大阪芸は

ここでしか観れないお薦めものですが、

今日は、かなり豪華なメンバーです。

 

 

f:id:MadamKoki:20220123132417j:image

 


この辺りから道頓堀まで、

たこ焼き屋、金龍ラーメン、お好み焼き、

など何軒も並んでいて、

ごった煮の様な煩雑な街並みが

ずっと続いています。


少し前まで、コロナで人出も少なくなって

ひっそりしていましたが、

年が明けてからは

人出も少し戻って来てる様です。

 

でも、

普通の人達の会話が漫才の様に面白くて、

551の豚まんはもっと脂ぎっていて大きくて、

ルールに嵌め込まれない

独自の反骨精神が

エネルギッシュに満ちている大阪は、

まだまだ戻っていない様です。

 

今の街に、渾然一体とした

大阪ならではのエネルギーは感じられません。

 


大阪の陣で豊臣が負けて、

徳川家康の江戸に中心が移って数百年。


経済成長期、バブル、デフレの時代を超えて、

令和のコロナで、

大きな転換点に差し掛かっている様です。


大阪は

地方都市の一つにしか過ぎなくなるのか?


何かの出口戦略を

吉村さんに期待しますが、

 

先ずは、大阪庶民の熱量が復活しないと

何も始まらないのかも〜です。

 

 

うどんは大阪の薄味に限ると力説したい

お一人様です。