新宿御苑で梅見をしました。

 

 

そうだ、梅見に行こう!

朝、

目覚めた時に思い立ちました。

 


早速、

東京の梅の名所を検索。

湯島天神小石川後楽園、皇居など

色々ありますが、

一番近い新宿御苑に行く事に決定です。

 


お昼は、

ベンチでおにぎりとお茶にしようと、

レトルトお赤飯をチンして

塩むすび

熱いお茶も魔法瓶にいれて、

お菓子のビスケットも2個、

準備万端で出かけます。

 

 

f:id:MadamKoki:20220313135219j:image


新宿門から入場ですが、

シニア割引で250円でオッケーでした。

 

窓口の女性から

「バック素敵ですね」

なんて褒められて

 

「随分古びたんですけど愛着があって」

なんて、

しどろもどろで返事をしてしまいました。

 


東京では、

こんな風に声を掛けられる事が殆ど無いし、

ましてやジーンズ改良のバックで

かなりの年月を経てくたびれてるのに

褒められるなんてびっくりして

舌がもつれてしまいましたが、

決して、加齢のせいではありませんよ!

 


そう言えば、このバック

もう10年以上も使っているけど、

丈夫だし、

沢山入るし使い勝手が良くて

どこへ行くのにもお供しています。

 


どんなブランド物よりも、

良いバックとは

こんなバックを言うのですね。

 

 

門を入ってすぐ右手にあるのが

ハクモクレンの大きな樹。

白い大きな花が一番上まで咲いています。

気高く美しい。

 

f:id:MadamKoki:20220313135645j:image
f:id:MadamKoki:20220313135648j:image

 

 

右手に回り込むと、大きなヒマラヤスギ、

中央の広場に抜けると

白梅と紅梅が良い香りを放って満開です。

足元のヒメスイセンの可憐さと共に

今を盛りと咲き誇っていました。

 

f:id:MadamKoki:20220313140127j:image
f:id:MadamKoki:20220313140125j:image

 

梅を堪能してから

奥の日本庭園へ向かいます。

 

日本庭園は一面の芝生で、

あちこちに沢山の人がシートを広げて

座っています。

 

日本庭園の向こうには、代々木のビルが

まるでニューヨークの景色の様に

聳えています。

 

 

f:id:MadamKoki:20220313140519j:image

 

 

満開のヒガンザクラの裏側の

小高い所にあるベンチに

腰を下ろして一休み。

 

ヒガンザクラは、今この時とばかりに

咲き誇っています。

 

f:id:MadamKoki:20220313140814j:image

 

 

丁度、緋毛氈の掛かったベンチに座り、

お赤飯のおにぎりと熱いお茶を頂くことに

しました。

 

先ずは、美味しいお茶を一口。

しかし、

ここへ来て大きな失敗を犯した事が判明。

 

魔法瓶に入れたお茶が

熱すぎたのです。

 

口を付けて飲む事を忘れていました。

熱すぎて口中火傷しそうです。

 

紙コップも持ってこなかったし〜どうしよう。


仕方ないので、

蓋を開けて自然に冷ましながら

恐る恐るフーフーしながら

少しづつ飲みました。

 

未熟者でした〜反省。

 

でも、外で食べるお赤飯おにぎりは

美味しくて

ヒンヤリするけど

春の日差しは気持ち良いし、

サイコ〜なんて思いながら

のんびり出来ました。

 

聞くつもりは無いんだけど、
隣の2人の女性の会話が

自然と耳に入ってきました。

 


高齢のご婦人が

 

「カラスなんで鳴いてるの?」


確かにさっきからカラスが

うるさく鳴いているのです。

 


するとすかさず、中年の女性が


「そんな事、分かんないけどさ、

カラスにも色々事情があるんじゃない?

ウグイスも鳴いているしさ」

 

素敵な会話です。

こんな時の、

東京弁は洒脱でイキで、

サラリと心に響きます。


何だか微笑ましい会話です。

 

 

目の前の芝生に、

若い夫婦が赤ちゃんを乗せた

ベビーカーを押して上がってきて、

シートを広げて、

ママが哺乳瓶を出して、

パパが膝に赤ちゃんを

仰向けにして飲ませています。

 

赤ちゃんに笑いかけながら

スタバのコーヒーを手にして、

仲良く笑い声を交わしている光景は

微笑ましい

若い家族の幸せそのものでした。

 


広場に戻ると

学生達がヨガをやっています。

 

 

f:id:MadamKoki:20220313142043j:image

 

 

あちこちで、家族連れが
シートを広げてランチタイムです。

 

 

f:id:MadamKoki:20220313142119j:image

 

 

梅見見物は

桜の花見の様に浮かれていないので、

どこも家族単位で楽しそうに

ランチをしていて幸せそうです。

 

 

今ここにある幸せが

かけがえのない物だと

存在するこの時に感じられるのは

なんとありがいことなのでしょう。

 

新宿御苑

幸せいっぱいの光景でした。

 

 

 

でも〜フッと
この同じ空の下で、

祖国を捨てて逃げざるを得ない人達が

数百万人もいるのだと思い出し

胸が痛み辛くもなりました。

 

地球上に生きる

全ての普通の家族にとって、

当たり前の家族の幸せが

降り注がれます様にと

願わずにはいられない思いが

胸に溢れてきました。

 

 

f:id:MadamKoki:20220313144526j:image

 

帰り道思わず

花園神社に平和をお祈りして帰った

お一人様です。